藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ
今年最後、105回目の泰山会が昨日私の店、天山で行われました。





参加者は17名、スリランカの前の大統領の親戚のインディカさんが初参加、その場で現地の大臣に電話してその人脈にビックリ!

またもうひと方初参加の鬼頭さんはお母様が秋田のご出身とあって意気投合、大変楽しい例会になりました。
既に皆さんには3月20日のチケットの予約を頂いてますが、さらに10枚の注文をいただき感謝、感謝です。

こんなきたない店なのでどうぞもっと良い店でやって頂ければと思いますが、皆さん天山が良いと言ってくれ、何と105回も続いています。


人の御縁に改めて感謝です、


泰山会の皆様、今年もお世話になりました。

関連記事
9月28日に行われた公益財団法人、日本民謡協会主催の今フェス2019の模様が、15日NHKでオンエアーされた。
私はその日は日本民謡協会の全国大会の審査を務めていたので視れなかったが、審査員として紹介されていた。





この大会は全国津々浦々で行われている〇〇節全国大会優勝者の中からテープ審査を経て最終的に33名で優勝を競う正しく民謡日本一を決める大会。
この大会の審査に加えて頂いた事は非常に名誉な事である。


全国の民謡愛好者やファンが視ているはずなので個人的にはかなりのアピールになったと思われる。


立場に恥じぬよう頑張りたい。

関連記事
令和元年、日本民謡協会主催の民謡民舞全国大会が品川のきゅりあん、品川区立総合区民会館で行われ、楽日の審査員を務めさせていただきました。











郷土民謡協会とだぶって入ってる方も多くいて、歩くとあちこちで声をかれられます。
今日は小池都知事も挨拶に来られ皆さん大盛り上がりでした。


他団体に行くと色々と勉強になる事が多いです。
数々の素晴らしい唄と踊りに接して大変幸せな1日でした。

関連記事
全国大会楽日の小学生グランプリで見事に優勝した北海道千歳市の小学2年生、近藤佳星さん。




一昨年の北海道地区連合大会で。


この子を私は一昨年から注目しており、とんでもない子が現れたなあと思っていました。
その時はまだ幼稚園生。
今年4月に北海道地区連合大会で再会。
何とその時から更に進化して素晴らしい唄を歌ってた。

今回の小学生グランプリを楽しみにしてたが、更に、更に上手くなっている。
秋田でも子供達のレベルは全国屈指だが、この子は頭ひとつ前に出ている。

まだ2年生だ。
いったいこの子は将来どうなってしまうのだろう。


あまりにもすばらしいので急遽40周年記念公演に入れた。


人気を一人でさらってしまうかも知れない。


こうご期待を。

関連記事
我が家に優勝旗が帰って来ました。





何回優勝したのかなあ?と数えてみました。
常勝、小山会を倒して初優勝したのが昭和63年、そして平成元年同じく小山会に挑んで二連覇、

平成3年、5年、7年と勝ち、9年から18年まで10連覇!
次の年は遠慮して出場せずお休み。

20年から24年まで5連覇して武道館で通算20勝、協会初となる団体技能最優秀賞を受賞。
25年は遠慮して出場せずお休み。

そして26年から今年まで6連覇。
今思うと他団体に気を使って休みましたが、休まなければ20連覇も夢ではなかった。
勿体ない事をしました。


こつこつ頑張って来たら通算26勝、大臣賞26回受賞。

頑張ってくれた皆さんに感謝です。

関連記事
多くの皆様のおかげで全国大会も無事に終わり、もう少しその話題にしたかったが、国会が閉じたタイミングで一言言わせてもらう。

【隗より始めよ】という言葉があるが、この意味は事を始めるにはまず言い出した者から始めなさい、率先垂範の意味だそうだ。
国会では桜を見る会の問題で連日わぁわぁやってたがどっちもどっちだ。

自民党も苦しい答弁で逃げ切ろうとしてるのがありありだし、野党は野党で相手の敵失をこの時とばかりに躍起になって追求してるが、自分たちの政権の時も突いたら似た様な事が出て来るのは明らか!
それはそれで国民の血税を使っている以上、良い加減な支出をされているとすれば許される事ではない。


しかしちょっと待って下さい。
貴方達議員の歳費、いわゆる給料は、全て国民の税金で支出されている事を忘れてもらっては困るのだ。
想像以上に一般の国民より優遇されており、殆どの移動はただ、しかもグリーン車だし、地方議員に至っては月に4往復飛行機代がただなのである。
その代金は全て国民の税金で負担している。

先日ボーナスが支給された様だが、大臣を辞任して丸々一月仕事をしないで休んでる人が丸々給料を支給され、ボーナスは一般国民が殆ど貰えない様な額を貰っている。

休んでる夫婦の女性議員は7月に初当選してまだ半年だが、休んでる理由の診断書は、適応障害だそうで、適応出来ない様な人は国会議員には向いてないという事なので、さっさと辞めて貰いたい。
昨日のワイドショーでやっていたが、新しい参議院宿舎の家賃は相場の4分の1だと言うから、おいおい、国民にはもっともらしい事を言うが、これはどの様に説明するの?と聞きたい。
選挙の時は土下座をして投票をお願いする人が当選後は途端に偉そうに振る舞うのは、議員資格以前の、人としての素養に欠ける。

そして先日のワイドショーに出ていた前衆議院議員の証言として、議員は国会内の診療所で受信した場合の医療費は薬も含めて全部ただだったそう。
高齢者の医療費負担を上げようとしている側の人が自分達はただである。

これ大分おかしくはありませんか?

【隗より始めよ】は国会議員の先生方に贈る言葉ですね。

関連記事
全国大会3日間の日程を無事に終わり秋田に帰って来ました。


久し振りの我が家はやっぱりほっとします。
さて藤秋会十八番の器楽合奏はおかげさまで今年も優勝する事が出来ましたが、正直ハラハラでした。





演奏自体はまずまずでしたが、尺八マイクのボリュームが強く三味線の音圧が少し消されてしまいました。
それと後に出てきたチームが若手揃いでとても纏まった技術の高い演奏でしたので、ああこれはもしかしてまくられたかな?と思いましたが幸いにして審査員は藤秋会に軍配を上げてくれました。


今回は、秋田、宮城、東京、静岡、愛知、岐阜、三重、富山、兵庫、愛媛、鹿児島、宮崎からのメンバーで56人。
物理的に事前に集まっての音合わせが出来ないのでぶっつけ本番です。
他のチームは同じ地域からなので何度も練習してきた事でしょう。


藤秋会は毎回これで優勝してきたのですから、凄い事ではありますが、勝つ事を当たり前だと高をくくってるとそのうち必ずやられます。


油断大敵!  驕る平家久しからず。栄枯盛衰。


初心にかえり頑張らないといけませんね。

関連記事
無事に事故なく3日間を終了致しました。

昨日は天候にも恵まれ多くのお客様のご来場をいただき大いに盛り上がりました。
津軽三味線六段の大合奏も460名の圧巻の演奏にお客様も大喜び。






そしてこの大会のハイライト、各地区連合会の代表が内閣総理大臣賞を競う民謡グランプリ部門は、同点で並び今大会初めての同点決勝を行い、見事に総理大臣賞を射止めた方は、北海道地区連合会の代表の井村智恵さん。








破れたとは言え岩手地区連合会代表の鳴海みよさんの唄もそれはそれは素晴らしい唄でどちらも優勝を与えたい気持ちでした。
藤秋会も器楽合奏で優勝し、経済産業大臣賞をいただきました。










さあ、これからは藤秋会40周年記念公演、夢舞台2020に集中です。


皆さん本当にありがとうございました。


そしてお疲れ様でした。

関連記事
大会2日目も無事に終了致しました。
役員の方々の尽力に頭が下がります。
今日1日を乗り切ってしっかりとその責務を果たしたいと思います。









民舞グランプリ部門で内閣総理大臣賞を獲得した秋田仙北会と、優秀指導賞を受賞した高橋キヌ子先生。



おめでとう㊗️ございます、

関連記事
郷土民謡協会が主催する第59回郷土民謡民舞全国大会初日が無事に終わりました。
平日にもかかわらず多くのお客様にご来場いただき無事に終わったことに安堵しています。

今日は土曜日ですので昨日以上のお客様のご来場を願い2日目、トップとしての責任をしっかりと果たします。










関連記事
いよいよ今日から8日まで3日間の予定で第59回郷土民謡民舞全国大会が埼玉県南浦和のさいたま市文化センターで行われます。
昨日仕込みが順調に終わり今日10時半から初日の幕が開きます。












トップとしてその重責をしっかりと認識し楽日まで事故なく務めたいと思います。
お時間のある方は是非ご来場下さい。


お待ちしております。

関連記事
昨日東京中野の中野サンプラザで、ブラジル支部の今年の全伯大会の優勝者、敷田治誠クラウジョ、奥様の金城まゆみさんの歓迎会を行いました。





3日に来日、長旅の疲れも見せずに元気に参加されました。

2時から両国の国歌、式典に続き懇親会では優勝曲、道南口説きを見事に堂々と唄い上げ喝采を浴びました。










明日から始まる全国大会では2日目の7日にこの道南口説きを披露します。



お二人の来日心から感謝致します。

関連記事
鹿児島に教室を開設したのが平成7年ですからもう25年目になります。
中々な人数が増えず撤退の危機を何度か乗り越えて現在があります。






技術的にもかなりのレベルになりました。
やはり継続は力なり、ですね。
世話役で欠かすことの出来ないエビちゃんこと訓華さんは、心臓の大手術を無事に乗り越えて復帰、嬉しいニュースです。

そして訓煌と訓平兄弟は演歌界の大御所、細川たかしさんに可愛がっていただき、先月末には沖縄、今月は広島、そして台湾のディナーショーにも帯同、中々ない機会を与えて頂いてるのでしっかりと勉強させていただき成長してもらいたいです。


皆さん今年もお世話になりました。


さて今日は伊勢路にゴー。

関連記事
四国から宮崎は地図で見ると近そうだが海を挟んでるので、実際はかなりアクセスに苦労する。

時間、料金などを加味して今治から高速バスで広島県の福山に出て、そこから新幹線で神戸に出て、高速バスで神戸空港へ、そして空路、鹿児島に飛び、鹿児島空港に迎えに来ていただき、教室のある小林市まで移動。
福山から新幹線で鹿児島中央に出れば楽だが、そこから小林までは結構時間がかかる。

それでも3時から6時半までみっちり指導、ここの教室は最近メキメキと実力を付けてきて、教え甲斐があり次回どれほど伸びているか楽しみだ。





さあ、今日は鹿児島へゴー!!!

関連記事
いよいよ今年もあとひと月、そして今日からいよいよ藤秋会40周年記念公演、夢舞台藤秋会2020のチケット一般発売が始まります。
先行予約にて既にS席、A席は完売しました。







早期の完売を目指します。
昨日の教室、愛媛訓晃会の皆さんも張り切ってます。






師走の初日、今日は宮崎にゴー!

関連記事