藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 必須アイテム


楽器をやる上で1番基本でありながら最も大事なのが音合わせである。
基本的に調絃は自分の耳で合わせるのが理想ではあるが、全く楽器を触った事が無い人や、音程がわからない人に音を合わせなさいと言っても中々簡単な事では無い。



今まで様々な調律機が各メーカーから発売されていたが、ご覧の『KORG』社が出しているクリップ式チューナー『AW-2G』が1番三味線には合っていて、コンパクトで値段も安い。



特にこれが良いのは、周りで色々な音が鳴っていても備え付けた楽器の音だけを拾う事、これは優れ物だ。
しかも舞台上が暗転でもライトが点灯し非常にわかりやすい。



ただしこれはあくまでもチューニング用であり、実際弾いてる時の音が正しいかは自分の耳に頼るしかないのだから、普段から正しい音を掴む様に訓練は怠らない事が大事で、訓練すれば耳は必ず良くなる



機械にだけ頼っているといつまでたっても自分の耳が出来ないのだ。
耳の良い人、音感の良い人は楽器の上達も早いのだ。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可