藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 検証、川中美幸その2
二部のパワフル美幸オンステージは口上で幕が開きその後箏の生演奏が入る。


演奏しているのが平野春海(はるみ)さんと大嵜祐子(ひろこ)さん。
演奏につづき『ふたり酒』に箏が入るが曲終わりでお二人の名前をそれぞれ紹介する。


いつもは、『素敵なお箏の演奏は平野春海さんと、大嵜祐子さんでした』と言うがある日、『お箏の演奏はミス名古屋の平野春海さんと準ミスの大嵜祐子さん』とやった。
これには会場大爆笑!言われた二人も嘘でも悪い気がする訳は無く、会場を湧かせ、ネタにした本人も落とすのではなく立てて心地良くする。
中々出来る事では無い。


もう一つ感心したのはプレゼントコーナー。お客様が美幸さんにプレゼントを持って来るが、『まあ、ありがとう、言って下されば取りに伺いましたのに』これでまた大爆笑。
しかも、ケーキを持って行けば、『あら、良かったあ、丁度疲れていて甘い物が欲しかったのよ』
酒を持って行けば『あらあ、丁度寝酒が切れていて買わなきゃと思っていたとこなのよ』

虎屋の羊羹を持って行けば『まあ、これ虎屋の羊羹、これ高かったんじゃないのお、お金使わせたねえ』
万事がこんな風だ。
全て相手目線、客目線なのだ。
人間成功する為には不可欠な事だが、これが中々出来ない。




川中美幸と言う人はこれが完璧に出来ている人だ。



つづく
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可