藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 中国見聞録


無事に上海浦東国際空港に日本時間12時に到着、2時間20分のフライト。
気温は25度で丁度良い。
レストランで昼食をとり、目的地、紹興へと向かう。
3時間半のバスの旅だ。


何と!驚いた事に半年前に来た時にはまだ途切れ途切れだった新幹線が、今月の二日に開通したと言う。
上海から杭州まで時速380キロで45分、
日本で新幹線が開通してから40年。
中国は僅か数年で、その速度まで抜いてしまった。
まさに新幹線を凌ぐ進化、このパワーは想像の範囲を完全に超えている。

現地時間で夕方4時半に紹興に到着、大通りは都市部と変わらない建物が並ぶが、一歩中に入ると昔ながらの、中国的な町並みが続き、古き良き悠久の中国がそこに有る。

周 恩来も尊敬したと言う中国を代表する文学者、魯迅の故居を見学後、紹興酒工場を見学。
紹興酒は2500年も前から造られており、現在約100社もの醸造会社が有り、海外にも多く輸出されている。
日本の宝酒蔵が紹興酒を分析した結果、21種類もの身体に良いアミノ酸が検出され、女性は特に美肌効果が有ると言う。
中国四大美人のひとり、西施(せいし)はこの地方の出身だと言うからなるほど頷ける。

見学後、ホテル(紹興国際大酒店)にチェックイン。
夜は魯迅も良く通ったと言われる居酒屋、
咸亨(かんきょう)酒店で夕食。
ここの紹興酒が絶品で、甘口で飲みやすく、御代わりの連続、来る筈だった藤秋会の皆さんに味わって戴けなかったのがとても残念だ。


一夜明けて今朝の気温は20度。
今日は景勝地、東湖遊覧後に杭州に向かう。さて、どんな一日になるか?
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可