藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 日中交流事業中止が残した傷。


夕べ行なわれる予定だった、芸術劇場での日中交流事業が中止に成った事で、主催した友人、『西川真乃女』さんを慰めようと、仲間10人程が集まった。

当日、中止に成った事を知らない方々にチケットを払い戻し、お詫びをするために彼女は本来、行われる筈だった会場で気丈に対応したが、一体何を思った事か。
彼女の心中は察するに余り有る。
この規模の公演がいかに大変かは、数々手掛けて来た立場として誰よりも一番判るつもりだ。


彼女は最後までこの公演を成功させる為に、直前の19日にも北京を訪れ一緒に踊る筈だった日本舞踊を指導して来たと言う。
しかも全て自費でで有る。

学生達は来日を楽しみにしており、中止が決まった時の落胆振りは非常に大きく、23日の中止決定後も、もしかして日本に行けるかも知れないと、スーツケースの荷を解かなかったと言う。
純粋な学生には、国の事情とは言え、大きな傷を残してしまった。政治的な問題で、この様な草の根民間交流を絶対潰しては成らない。

何とも理不尽な話だが、幸いな事にメディア各社がこの事を取り上げてくれ、NHKや、みのもんたの、朝ズバ!でも放送された事がせめてもの救いで有る。

いずれにしろ、早い時期に両国が修復され、彼女のこれまでの一途で懸命な努力が、一日も早く報われる事を祈りたい。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可