藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 大曲の花火観覧その3
 
大会提供花火終了後に席を発ち、車の置いてある場所まで約2キロを歩くが、この頃になるとわかっている人は最後を待たず移動を始めている。
歩きながら堤防沿いを進むが行けども行けども人の波。
障害物が何も無いので移動しながらも花火を楽しむ事が出来る。
 
丁度、車に到着した時点で花火が終了。
車で神宮寺駅まで送って戴き、電車に乗ったのが10時20分頃か。
既に帰りの客で満席。家に着いたのが11時半だった。
 
次の日の新聞では観覧者は過去最高の80万人とあり、元々、3万人しかいない大曲の人口からして、その数がいかに凄い事なのかおわかり戴けると思う。
 
何十年振りかの現地での大曲花火観覧だったが、昔と明らかに違うのは、その技術の向上もさる事ながら、創造花火はしっかりとした物語に成っていて、全てにバックミュージックが付いている事。
音楽に花火が合っているか否かでも大きく観る者の印象が変わる。音楽の役目、重要性を改めて感じたひと時でした。
 
 
今後の花火が益々進化し、観る者を更なる感動の世界に連れて行ってくれる事を期待して世界一、大曲花火レポート終了。
 
 
    
おしまい
 
 
 
 
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可