藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 津軽三味線(東北三味線含む)の分類その3


さて、津軽五大民謡で残った最も知られている曲の津軽じょんから節。


とは言ってもじつは、じょんから節でも、旧節、中節、新旧節、親節と四種類もあって、ここでは3と4の撥の使い方で皆さんが一番聴く機会の多い、じょんから節の新節を弾く事が出来る。

後ろで二つ叩き前で打ってすくうか、すくいの代わりに押し撥を使うかだ。
この撥の使い方で弾ける曲は東北、北海道にはじつに多く、津軽たんと節、南部俵積み唄、りんご節、山形大黒舞、気仙坂、チャグチャグ馬コ、舟漕ぎ流し唄、等々、

またこの使い方ではずんで弾けば、秋田を代表する秋田船方節、秋田おばこ、花笠音頭、真室川音頭等々、


3と4の使い方で東北、北海道の民謡の半分以上が弾けるのだ。



つづく
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可