藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 秋田の民謡人、かき入れどき。
日本列島はお盆モードに突入!
例年はこの時期、必ず秋田にいるが、今年はどうしても所用が有り名古屋に滞在。
逆に家族がこちらに来る事に成ったが折角のお盆なのに招かざる客、台風の進路が心配。

すでに墓参りは先月済ませて来て、事情を妹に詫びて来た。
秋田ではこの時期から来月20日頃まで、夏祭りや神社のお祭りで民謡人は引っ張りだこ。バブルが弾けた事と平成の大合併により、その数はかなり減って来たが、以前は猫の手も借りたい程の忙しさで普段余り出番の少ない二軍までフル稼動と成る。


私も10年程前まではこの時期、フル回転で動いていたが、教室と子供の事を考え卒業、お盆はゆっくり出来る様に成った。


秋田には神社の数が非常に多く、小さな集落にもほとんどと言って良いほど有る。
この時期はその神社の例大祭が集中、奉納演芸として民謡の舞台がかかる。

従ってこの時期民謡人が引っ張りだこと成る訳だが、この舞台経験が大きな力になり、秋田の民謡人のレベルを押し上げる事に成るのだ。


さあそれでは、その祭り舞台とはどんなものなのか?



つづく
関連記事

テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可