藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 藤秋会10連 覇への道、その6
巨像、貢栄連合会を倒しての優勝は、我々の大きな自信となり、昭和天皇が崩御され元号が平成に変わった年、幸いにして我々は、またもや、貢栄連合会を退け二連覇する事が出来た。


二連覇した事で、地区連合会支部長会議で、合奏は秋田民謡に限らなくても良いと言う事を了承して戴いた。
やっぱり実績がものを言う。


しかし、ここからが中々思う様に成らなかった。
三連覇をかけた平成二年、敗退、続く四年、六年、八年と一年おきに敗れいずれも二位。

『負けるが勝ち』『失敗は成功のもと』と昔からの諺に有る様に、敗れれば何故敗れたかを分析し、それを生かす事が出来、自分なりに徹底的に敗因を分析した。


我が藤秋会は秋田を本部に県外に教室が分布していて、秋田県予選に出るにも登録メンバーから選抜し秋田に集結、予選に出ていた。

当然、経費上の問題で事前に集まり練習する事が出来なく、本番当日のみの音合わせに成り、思う様に中々成らない。
この事が何よりも辛いところだった。

武道館でも同じで有り、今まで選手全員が事前に何処かに集まって練習した事は一度も無い。


敗れた原因は色々考えられるが、ぶっつけ本番で毎回勝たせてくれるほど、武道館は甘い所では無かったので有る。



つづく
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可