藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 完璧!さすが正絃社。

今回の30周年記念公演の目玉、あいや節をゴスペルと箏、三味線で競演する一大スペクタクル。
昨日は箏との音合わせで正絃社の本部に訓音とお邪魔した。

どの様に仕上がっているか大変楽しみにして行ったが、さすが!正絃社、野村祐子先生、これ以上の仕上がりは無いと言う程の完璧に仕上がっている。
本番では30面の箏が入る。

これで全体像がはっきり見えて来た。
三味線220丁、箏30面、ゴスペル150人に民謡歌手4人、太鼓、尺八、と舞台にこれ以上乗れない400人を超える人が並んだシーンをご想像頂きたい。

国内初の試みで、見る人により捉え方は様々だろうが、いずれにしろ、民謡界の歴史に残るワンシーンに成る事は間違いない。

音合わせ終了後に、中日新聞本社に野村先生とお邪魔し、芸能部記者、長谷さんの取材を受ける。
大変民謡に造詣の深い方で、その知識の豊富さにビックリ。
近いうちに紙面に載る事に成ると思うが、さてどんな記事に書いてくれるか楽しみで有る。



公演まであと33日
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可