藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 合同稽古
藤秋会40周年記念公演『夢舞台藤秋会2020』まで1ヶ月余りになった昨日、清須市民センターのホールで中部地区の合同稽古を行いました。








参加者は110人ほど。
和太鼓集団、志多ら、のメンバーと水野静子、中村仁美、石原奈緒美、三方のゲストにもおいでいただき音合わせを行いました。

藤秋会で110名と言えばそんなに大きな人数ではないが、普通100 名を超える人数で満足の行く演奏は中々難しいところだが、数々の大舞台をこなして来た藤秋会、昨日の演奏は落ち着いてしっかりした出来栄えになっており、本番での演奏は全く心配無し!。


チケットもあと少しと言うところでコロナウイルスで水をさされてしまい、多少の不安はあるが何とか頑張って売りたい。

この1ヶ月コロナウイルスの動向が気になるところだが、藤秋会にはドクターが3名いて、訓成会の成信、成藤、両先生から説明をしていただき、手洗い、うがい等をこまめに心がける様にとのご指導をいただいた。

国内の報道は連日恐怖を煽る様な報道が多いが、昨夜親しい中国人からの現地情報によると、毎日感染者が増え続けていた中国各地で、昨日の感染者ゼロの所が7箇所あったこと、そして肝心の武漢でも昨日の数字は減って来てるとの明るい情報を聞き、これから徐々に収束に向かうのではとのことでした。

1日も早く良い方向に行くよう願うばかりです。



終了後に3時間もかけて遠くから来てくれた志多らのメンバーと食事をし、若いエネルギーをいただきました。






その志多らの公演が29日に名古屋市で行われます。
会場は日本特殊陶業ビレッジホール、開演は夕方5時から。








迫力の公演を是非ご覧下さい。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可