藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 人物紹介
線状降水帯による九州北部の豪雨は多くの甚大な被害をもたらしている。
この地域には日本郷土民謡協会の会員も多く、被害が心配される。
今日も引き続き大雨の予報が出されているが、皆さん
に被害が及ばない事を切に願いたい。


さて今日は訓栄のブログに掲載されていた新聞を引用させていただきます。
それほどこの方は素晴らしい方で、この様な方が藤秋会にいる事を大変光栄で誇らしく思います。





お名前を内海 眞さんと言いまして、高山厚生病院院長、名古屋医療センター、名古屋東医療センター院長を経て、現在は愛知県が立ち上げた愛知医療支援センターの初代所長をお務めになっている方です。

入門10年を越したと思いますが、雅号を  成海(なりうみ)さんと言って元々は高山の訓成のお弟子さんでしたが、職場の関係で数年前から訓栄がお稽古を付けてます。


この先生には自分の事、お弟子さんの事で過去に何度も本当に色々お世話になりました。
医療に対する姿勢はまさしく医者の鏡そのものです。
専門は血液でいわゆる白血病とかエイズとかのスペシャリスト。

もう10年近く前の話ですが、先生がゲイバーに連れて行ってくれました。
ああ~もしやこの方はそちらが趣味の方かな?としばらく思っていて、ある日にご一緒に飲んだ時にその話をしたらちょくちょくゲイバーには顔を出してるとのこと。

やはり先生は男性がお好みですか?と伺ったら、先生は笑いながらいやいや、実はエイズが国内にも出だした頃からゲイの方々に、エイズの拡がりを防ぐ為にコンドームを配る為にゲイバーに出入りしてたとのことで、なるほどなと思いました。
しかも無償で提供してたと聞いて、何とこの方は素晴らしい方なんだと思いました。
ゲイバーでの人気は大変なもので、次から次と先生にご挨拶に見えるのも後で伺って納得。


新聞にも掲載されている様にエイズ撲滅に向けて随分と前から毎年アフリカのケニアを訪れて無償で医療活動をしております。
勿論渡航費も滞在費も自費だそうで、脱帽して頭を下げっぱなしにしなければならないような方です。


爪の垢でも煎じて飲まなければならない様な方が、藤秋会にいることを改めて誇りに思うと同時に益々のご活躍をお祈り致します。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可