藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 三味線に痺れたい
世界最強の新しい藤秋会のホームページを立ち上げる為に、現在、大親友の栗谷君と悪戦苦闘中です。

予定では、8月1日に開設するはずが、栗谷君の電話取材、ヒヤリングに話が弾み、今だ完成をしていません。
このヒヤリングがくせ者で肝心の事は聞かずにもっぱら、昔話に花が咲いてるのが現状です。

にもかかわらず、実験的に下手なブログを書いたら、驚く程のアクセスが有り、大変ビックリしています。 アクセス頂いた皆さんには、この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

さて、栗谷君とのヒヤリングは携帯電話を使っていますが、これが私の身体にいたずらをしている様です。
一ケ月程前に朝何とも無かったのに、栗谷君と電話で話していたら、左腕がぴりぴりと痺れて来ました。

あれっ? 何だかおかしいなあ

時間が経つにつれてそのしびれが進行し、やがて会話に集中出来なく成ったので、これはいよいよきたぞと思い、栗谷君に悟られない様にそっと電話を切りました。

こんな時、人間は悪い事を想像するもので、多分脳梗塞の前兆だと思い焦りまくりました。
詳細は前回のブログに書いた、実録MRI撮影体験記をご覧下さい。

検査は全くの異常無しだったので、すっかり安心していたら、又同じ症状が二度続いた。

おかしいなあ?

何だろう?

もしかして、あの機械に写ら無かったんだろうか?

・・・・・・不安がよぎる。

三度目に同じ症状に成った時、ふとひらめいた。

待てよ、よくよく考えて見ると、症状が出た時は必ず左手に電話を持って会話している事に気が付いたのだ。

もしかしてこれだな?

そして先程、栗谷君と話をしていたら30分を経過したところで、身体に異変が起きて来た。

来たぞ、間違いない!

会話中だったので、その事を栗谷君に告げると、それは電波障害と言って、人によってはそうなる人がいるとの事。

成る程・・・

そう言えば訓音がこの前、電話の電波障害で時々おかしく成ると言っていたなあ。
自分には関係無いことだと思い込んでいたが、人事では無かったなあ。

ここでこの件をおさらいしましょう。

長電話、おそらく30分以上だと思うが、電話を持っている方の手が痺れてくる。
時間の経過と共に段々酷くなる。そのうち顔が紅潮して来た様な気がして、会話に集中出来なくなる。

血圧を測るとかなり高くなっている。

血圧が高く成ったから痺れたのか、痺れたから血圧が上がったの因果関係は解らないが、いずれにしろ電波障害なるものが存在することは、本当の様だ。

皆さんもこんな症状が出た時は、早めに電話を切る事をお奨め致しますし、用件は手短にしましょう。

三味線に痺れるのは良いが電話では痺れたくない今日このごろです 。

おしまい。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可