藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ アメリカの医療費
今年の2月アメリカに嫁いでいた次女の事故の知らせに急遽渡米した秋田藤秋会の訓正(さとまさ)さん。
まことに残念ながらお嬢さんはご夫婦の祈り虚しく2月25日に帰らぬ人になってしまった。


秋田市内で3月19日にに行われた葬儀には故人を偲ぶ多くの方々がお別れに参列し遺影に涙した。
そして100カ日法要が済み心の整理がついたと、昨日久しぶりに稽古に顔を出してくれた。


アメリカは日本の様な皆保険制度はなく、医療費が高額だとは聞いていたが、会話の中でその額にビックリ!

訓正さんの話によると、今回お嬢さんは事故現場からドクターヘリで運ばれたそうだが、その請求額が600万円、病院の手術代と1週間の入院費が、何と驚きの3600万円と聞いて一瞬耳を疑ったほどの額。


えっ!それをどうやって払うの?と聞いたらご主人が民間の医療保険に入ってるので大丈夫だったそう。
しかしこの額の大きさには高額過ぎて言葉がないほど。
だからアメリカでは、保険に入らなければ大変なことになるのだと言う。


因みにアメリカでは医療費を払えなくて自己破産する人が破産者の7割を占めてると言うからなるほど頷ける。
何回も海外に行ってて、最初こそ真面目に保険に入っていたが、慣れてくると大丈夫だからと入らなかった時もある。

今考えたら背筋が寒くなるほど大変な話で、今度からは必ず入ろうと固く心に決めた。


滞在中に奥様が風邪をひいて病院にかかったら、運悪くインフルエンザだったそう。

その請求額が46万円!風邪で46万円ですよ、

クレジットカードに付帯されてる保険でまかなえたそうだが、日本に住んでて改めて良かったと思った瞬間。


皆さん、海外へ行く時は必ず旅行保険に入りましょう。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可