藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 小山貢翁、その4
譜面があることで私のお弟子さんは譜面を使わない会に比べて数倍の速さで覚える事が出来た。
しかし覚えたと弾けるは別の話で、曲を覚えても実際にしっかりと弾けるようになるには本人の努力は勿論、ある程度の時間を要した。
昭和60年合奏のコンクールがある日本郷土民謡協会に入会、地区連合会の予選をクリアして憧れの日本武道館で行われる全国大会に出る事になった。
前号でも書いた様に当時は合奏のパイオニア小山会、澤田会、高橋裕次郎会が大人数で出演していて、その中でも小山会の規模、風格は別格だった。
譜面で手が統一されているのでバラツキが少なく人数が多いので圧倒的な迫力がある。
先に出場した小山会の演奏を控えの会場で観ていた我々はとにかく全てにおいて圧倒され演奏前に萎縮してしまった。
当然ながら小山会の圧勝、準優勝に澤田会、出来は決して満足のいくものではなかったがそれでも初出場ながら3位に食い込んだ。
その経験をもとに目指せ小山会、追い付け小山会、追い越せ小山会のスローガンのもと、一丸となって稽古に励んだのである。
今から30年以上前の事である。
つづく
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可