藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 藤秋会夢舞台2017
16年ぶりに地元秋田で行なった藤秋会夢舞台2017は予想を大きく超える高評価をいただいたようだ。

早速、次はいつやるのかとの問い合わせをかなりいただいたが、残念ながらそんな簡単には出来ない。
今回の会場は来年の3月で閉館、取り壊してその場所に新しい会館を作るそうなので新施設が完成するまでは5年ほど要するそう。

したがって5年間はやろうにも会場がないことになる。
市の文化会館があるがキャパシティが1000人ほどなので、これでは入場料が取れず大赤字になるので出来ない。

女優の浅利香津代さんいわく。
秋田県民会館は全国ワースト5に入る酷い会館だそうで、まことに不名誉なことだが、とにかく文化に対する認識がとても低い県なのである。



本来であればお堀の前の赤十字病院が移転した際にそこに建てる案が浮上したが、結局実現せず美術館と中途半端な建物を建ててしまった。

もちろん美術館も良いが、秋田の田舎で絵とか彫刻などに興味を持ってあそこに頻繁に通う方がどれだけいるのだろうか?

それよりも大衆が親しみやすい芝居や音楽などを複合的に出来る施設を作るべきだったと私は思う。
今回こんなことがあったとそう。

公演当日は朝から暑く30度を超えていた。
ホワイエ、いわゆるロビーが狭すぎるので、開場までの時間、多くのお客様が炎天下にさらされ、その列は何と下の道路まで並んでいた。

そしてその影響で熱中症になったと思われる年輩男性のお客様が開演後に自分の席で嘔吐。

会館員と受付を担当していた志多らのスタッフらが、片付け、その方は帰宅をすすめられたが一旦ロビーで休み、体調が良くなったと言いまた席に着いたそう。

そうしたら間もなくまた吐いた。
二度目なので流石に会館側も帰宅を促しタクシーでお帰り頂いたそうだが、全くかわいそうな話である。

匂いがきついためシートまで取り替え、念入りに消毒をしたそうなので周りも理解したそうだが、そんなことがあったとは知らなかった。

あの狭いロビーにはおそらく200人も入れば精一杯だと思うので外にいるしかなかったろうが、こちらも舞台をリハーサルで使っていたので、開場時間を早めるのは難しかった。

おそらくそういうことは想定外で立派な施設など無駄だとの考えが、会館建設判断を遅らせこの様な結果を招いてしまったことは県側にも責任があると思うし、主催としてもその辺の配慮を欠いたことには責任を感じるしだいです。


文化意識の低い国は発展しないと以前何かの本で読んだことがあるが、秋田県がそんな県にならない事を切に願いたい。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可