藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 藤秋会30周年公演特別ゲスト『ト善祥』紹介
ト善祥(トゼンショウ)プロフィール

中国琵琶奏者の巨匠で世界的アーティスト
中国江西省出身

中国上海音楽学院卒業後、1970年よりプロとして音楽活動をはじめ、中国各地で活躍、多数の受賞歴を持つ国家一級演奏家。

1989年来日、東京芸術大学大学院にて修士号を取得。

奈良薬師寺では、世界的なシンセサイザー奏者である喜多郎氏と共演し、シルクロードをテーマに壮大なスペクトラムを音楽で表現することに成功。

2000年には、中国・日本・フランス・ロシア・アメリカにて琵琶演奏30周年ワールドツアーを開催。

カーネギーホールの公演では、地元紙に「伝統的な奏法と西洋音楽の現代技法を融合させた独自の演奏スタイルを確立した、他に類を見ない素晴らしい音楽家」と絶賛された。


琵琶は、東アジアの有棹弦楽器の一つ。
弦をはじいて音を出す撥弦楽器である。
五弦系は廃絶したが、四弦系は中国及び日本において発展し、現代も演奏されている。

中国琵琶 は日本の楽琵琶とほぼ同じ形をしているが、フレットが多いのが特徴。
音楽理論が整備される中で、調弦法や記譜法も確立し、宮廷音楽から民間音楽まで、合奏、独奏、歌唱の伴奏と広く愛好された。
4本の金属弦を持ち、31個のフレットで半音階を演奏できる。ギターの奏法が取り入れられ、弾奏には右手の全部の指を使用し、爪か義爪によって音を出す。



関連記事

テーマ:伝統芸能
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可