藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 再会
10年一昔と言われるが、40年だと四昔にもなるのか。


昨日小学校から仲の良かった同級生と40年ぶりに再会出来た。
名古屋駅で待ち合わせをし、果たしてわかるかな?と不安があったが、約束の時間の少し前に電話を入れたら彼は駅から横断歩道をわたるのに信号待ちをしていた。


訓、服装は?と聞かれ、俺は水色のジャケット、貴方は?
俺は白のシャツにジーパン。

名古屋駅前の道はかなり広いので離れてはいるが、お互いすぐにわかり手を挙げた。
自然と笑みがこぼれる。


わずか数分の信号待ち時間が凄く長く感じられたが、やがて彼が信号を渡って近づいて来ると、あっ!どこか面影があり、はっきりと高橋君だとわかった。

固い握手をし、再会を喜びあったが、私はあまりにも変身してしまい全く別人に見えると言われた。


あ、そうかあ。
そんなに俺変わったかあ?
彼は野球部のキャッチァーで、顔は丸くドカベンみたいな感じだったが、私は対照的に痩せてヒョロヒョロ、背も小さかった。

それが今では全く逆で、彼はスラッとスリムになり、顔は丸から長方形に変化しているが、どこか昔の面影はあった。


一方の私は豚の様に肥えてしまってるので、ヤギが豚になったら、なるほどわからないのも無理はない。

40年の歳月は凄く長いが、思い出話はその時間を急激に縮めてくれ、話は尽きなく時間を忘れた夜になりました。


もう6月も今日で終わり、月日の経つのはあっという間です。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可