藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 熊本県地震
自然の猛威の前にはいくら英知に満ちた人間でも何と小さい事かを毎回知らされるが、木曜日の夜に東京のホテルでこのニュースを知り、ほとんど朝まで寝つけなかった。


泊まったところが九段下のホテル14階で、そう言えば2011年の東日本大震災の時にすぐ近くの九段会館の天上が落ちたのをとっさに思いだし、ビルが林立する外を眺めながら、もしこの東京で叫ばれてる直下型地震が起きたらいったいどうなるだろうと背筋が寒くなるのを覚えた。


それにしても日本は地震が多い!
マグニチュード7クラスの巨大地震が1925年から今回の熊本県地震まで、何と!49回も起きていて、その割合はおよそ1.8年に1回の計算になる。
記憶に新しい平成になってからも実に14回もの大地震に見舞われている。


そんなに多いのかと思う頻度だがこれが日本の現状なのだ。
熊本県は直接のお弟子さんはいないが、お弟子さんの親族や民謡の友人もいて、大変心配した。
幸いにして亡くなった方はいなかったものの、各々被害があり、とても気の毒な状態だ。

自分がいる建物が崩壊した場合等は避けようがなく、運を天に任せるしか無いことになるが、とにかくどんな事態になろうとも、日々悔いのないような人生を歩む事を心がける事が大切なようだ。



今回災害に遇われた皆さんの一日も早い復興を心から祈念致します。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可