藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 津軽三味線の左手?
20100105194908
20100105194907

三味線はどの様に持てば良いのでしょうか?
同じ三味線でもジャンルにより持ち方が変わって来ますが、ここではあくまでも津軽三味線に付いて考えたいと思います。

各師匠によっても解釈や理論が当然違うし、一概にどれが正しいとは言い切れないと思います。まあ結論はどの様に持っても上手く弾ければ良い訳で、それを間違いとは言えません。

あくまでも私の指導だと言う事をお断りしてですが、写真は体の手前から見た感じです。私の場合は親指の付け根と棹に隙間をつくります。

そして棹を持った時に手の平に小さな卵を常にしまっている感じ、手がどの様に動いても卵が絶対割れない様にすることが大切です。

こうする事により手の格好がどの様に動いても常に変わらず、特に薬指の動きがコンパクトに成り、無駄の無い三味線を弾ける様に成りますよ。

左手の持ち方は大変重要ですので、悩んでいる方は一度お試しあれ。

参考まで
関連記事

テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可