藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 津軽三味線と秋田三味線
津軽三味線と聞けば激しくアップテンポで即興的でjazzに似ているなんて良く言われるが、隣県である私が住む秋田には【秋田三味線】なるものがある。

えっ?秋田三味線?
それってどんな三味線て言われそうだが、津軽三味線が余りにもメジャーなので、三味線をやってる人でもあまり良くわからない人が多い。

青森の隣県でありながら秋田の民謡はがらりとその曲調が違う。
一言で言えば、津軽の民謡が男性的なのに対して秋田は女性的とでも言ったらわかりやすいだろうか。

津軽を代表する五大民謡と言えば、じょんから節にはじまり、よされ節、おはら節、三下がり、あいや節とある。

どれも独創的で激しさがあるが、対して秋田民謡は、秋田おばこ、本荘追分、秋田おはら節、秋田船方節、生保内節など、わりとゆったりとした曲調のものがほとんど。

隣県なのに何故にこんなに違うのかと言えば、気候風土は勿論、環境や県民性に依るところが大きいだろう。

三味線は元々は伴奏楽器なので民謡の曲調に依って三味線の奏法も変わって来るのが当然で、津軽民謡が激しいから当然三味線も力強く、対して秋田の民謡はおっとりとしたものが多いのでそれに付く三味線も優しい感じになるのである。

日本の民謡の三味線で〇〇三味線と冠が付くのは津軽三味線と秋田三味線くらいで他にはあまり聞かない。

それでは具体的にどこがどう違うのかを次で考えてみたい。

つづく
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可