藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 武道館器楽合奏コンクール
武道館の合奏コンクールに30年出て初めてのこと。

それは同じ部門にニチーム出場したこと。
以前部門の違うコンクールにそれぞれニチーム出したことはある。

普段、選手は舞台上にいるため会を辞めるか、何らかの事情がないかぎり藤秋会の演奏を生で客観的に見る事は出来ないが、今回は絃奏津軽と荷方節組曲のニチーム出たことでお互いの演奏を見ることができ、自分達が所属する会がどんなレベルか確認できたことは大きい。

同じ部門でニチームを出したのは協会の歴史上初めてだが、これは非常に面白かった。

先に出た絃奏津軽は73人に対して、後に出た荷方節組曲は29人と少なかった。
どちらも良い演奏で亀甲してたと思ったが、私の点数は荷方節組曲の方に0.2多く入れた。
結果は先に演奏した絃奏津軽が勝った。

人数が大幅に違うので音圧、迫力の差を他の審査員は評価したのだろう。
まあ、どちらが勝っても藤秋会なので良い話なのだが、荷方節組曲は女性だけで見た感じも綺麗で、演奏も凄く良かった。

入門27年になるベテラン会員が女性陣の演奏について、初めて自分達の会の演奏を見たが、完成度と総合力の高さを確認できたことは嬉しかったと言っていたが、そんな意味からもニチーム出たことは大収穫であったようだ。

結果オーライ、しかしながら今回は演奏直前までハラハラどきどき。

さて?どうしてか?
関連記事

コメント
いいね
2015/10/22(Thu) 06:17 | URL | 名無しさん | 【編集
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可