藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ オリンピックプレゼンテーション、津軽三味線大合奏本番。

前日のリハーサルがあまりにも上手く行った事で本番を待つ皆さんの顔にも余裕が感じられる。
同じ夢を抱く同志としての絆さえ感じられてほっとする瞬間、明らかに昨年とは違う。

多少心配だったのはリハーサルに参加してない人が200人ほどいて、その方々はぶっつけ本番になるのでテンポ感が心配だった。


前日のリハーサルよりも少しテンポが早くなったが、良く纏まっていて、素晴らしい演奏だった。
衣装も昨年の黒紋付き、留袖から、色合いを考えて五輪を意識し5色にしたのが綺麗だったと評判。
アンコールに応えた2回目も心配なく大成功!。


参加者は安堵の表情でお互いをねぎらいあった。
合奏を長くやって来たので、センターにいるとどれくらいの出来かはっきりわかる。
多少ばらついても客席で聴くとわりと揃ってる様に聴こえるものだが、センターであれだけ揃って聴こえれば、客席ではほぼ完璧に聴こえたはず。


さあ、来年の目標は1600人!
あの武道館の二階席をぐるっと一周して演奏するという前代未聞の挑戦だ。
この目標はインパクトがありすぎて、大きく注目されるはず。
出来ればテレビ中継も入れたい。
考えただけでわくわくするが、私は必ず上手く行くと信じている。

来年10月23日は津軽三味線の歴史が変わる日!伝説の日になるだろう!


さあ、皆さんその日に向かって頑張りましょう!
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可