藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 五木ひろし御園座公演千秋楽その3
tousyuukai121.jpg
今回の『五木ひろし45周年記念御園座特別公演』 公演中も新聞に二回も掲載された事は勿論だが、ラジオで、或はタクシーの運転手さんがお客様から聞いた話、会場に来て頂いた会員の関係者の話、色々な方面から高い評価を頂いた。

中でもこれは嬉しい話をご紹介したい。今回、ダンサーの振り付けを担当された方がその世界では日本を代表する、『南 流石』さん。
30日のリハーサルの際、始めて藤秋会を見て気に入って下さったと言う話は、演出の宮下さんから、初日に伺った。
千秋楽終演後にお話をする機会があり、何と、ここ何年かでこんなに感動した事は無いと言う。

芸能界のトップにいて常に一流を見ている方の言葉。実に有り難い言葉だ。
そして女性陣の頭の事も素晴らしいと言って頂いた。超一流の振り付けの先生に姿を褒められるのは最高に嬉しい。
そして御園座の、長谷川社長のお話。
これには『眼から鱗』が落ちた。

演奏の手の動きが凄く揃っていて、まるで水族館で魚の群れが、一斉に方向転換するのを思い出されたそうだ。
成る程、面白い事を言われたとびっくりしたが、藤秋会の演奏がその様に見えているとすれば、凄い事で有る。
そう言われれば、あの魚はどうやって一斉に方向を変えているのだろうか???
掛け声でもかけているんだろうか?
多分その魚のリーダーの名前は加藤訓ではないかな? 不思議だ。
今度その魚に聞いてみたい。

頑張れば結果は後から付いて来ると信じて、今までやって来たが、正しくその通りに成った。
そして次のターゲットは『来年の藤秋会30周年記念公演』やるべき事はわかっている。

目標達成の為にひたすら前に進む。

今回以上の感動を味わう為に。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可