藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 芭蕉生誕370年祭

世界的にその名が知られている俳人、松尾芭蕉が奥の細道最北の地として、当時宮城の松島と並んで景勝地だった、我が秋田県の象潟(きさかた)を訪れたのが1689年と言うから、今から325年も前の事。

今年はその松尾芭蕉が生誕して370年、その生誕の地、三重県伊賀市で芭蕉が想いを馳せた津軽、『魂宿る津軽三味線百人弾き』と題し、伊賀市文化会館で公演が行われる。
芭蕉の津軽に対する思いは強く、奥の細道で津軽半島東岸の外ヶ浜までの旅を強く希望したが、健康不安から断念せざるを得なかった。


公演は二部構成で一部は、構成劇『奥の細道』

二部は藤秋会がお届けする『津軽三味線百人弾き』

日時は7月13日(日)

開場/13:30 開演/14:00

チケットは3000円(全席自由)

お問い合わせは 伊賀市文化会館 〓 0595-24-7015

ただ今好評チケット発売中!
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可