藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 伊予松山へ出発進行。
20091024094246
20091024094243
20091024094241
心配した風邪も、今朝は昨日よりは大分楽だ。
今日は久しぶりに四国松山に行く。
岡山から3時間弱の列車の旅だ。
ここ岡山駅は四国への玄関口で乗車案内を見ても何だか異国へでも行く様な感じ。

それもそうだ。橋が架かったとは言え四国は海の向こうの島なのだから。
新幹線は良く利用するがローカル線の特急列車は、暫くぶりに乗る。
しかし、これが実に良い。

新幹線は余りにも早過ぎて景色をゆっくり味わえないが、この列車は丁度良い速さだ。
列車は岡山発、9時24分発、『しおかぜ5号』。
発車後、程なくして瀬戸大橋を通り、海岸線をひたすら走る。

右は瀬戸内、大分前になるが、愛媛の今治から広島の三原にポンポン船で渡った事が有った。
天気は快晴、べた凪で、しかも客は私一人の貸し切り。
ふうてんの寅さん状態だ。

瀬戸内海に、こんなにも島が多いとは知らなかったが、とにかく無数に有る。
昔、小柳ルミ子が唄って大ヒットした唄に『瀬戸の花嫁』と言う唄が有ったが、どの島にも瀬戸の花嫁がいそうで私を手招きしてるようだ。

そんな瀬戸内を眺めながら一路、伊予の国松山へ。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可