藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 第5回秋田民謡全国大会




moblog_dad95061_2013092204203554a.jpg

本番まで二週間と迫った第5回秋田民謡全国大会だが、秋田本部から出場する3人も最後の追い込みに余念がない。

秋田本部からの出場は、秋田本部のまとめ役、師範の訓信(さとのぶ)名取の訓江(さとえ) それに昨年5位と健闘した横手市の柴田浩行。

訓信は初出場なので気負わずまあ20位に入れれば合格。
訓江は昨年の目標が完奏で見事にクリア、今年は20位以内に入ることだそうだ。

柴田君は当然ながら昨年の順位を上回り、あわよくば優勝を狙いたいところ。
前にも書いたように秋田荷方節の三味線は一切のごまかしがきかない。
一つ音を外したり押し撥が滑ったりしたら、まず優勝は無いと思わなければならない。

今年はハイレベルな人が10人ほどいて、正直誰が優勝してもおかしくない。
ミスのなかった人が優勝するだろうが、ポイントは10から下のツボをいかに外さないで弾けるかと、最初、出だしの弾き方。

出だしは独特なリズムなので間の取り方が難しいが、出だしでつまづくとかなり印象が悪くなり点数に大きく影響するので気をつけてたい。


さて、今年の栄冠はどなたの頭上に輝くのか?
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可