藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 実録MRI撮影体験記

20090724141850

生まれて初めてMRI撮影を体験しました。

日頃から病院嫌いの私ですが、三年程前から血圧が高く成り、薬を飲んでいる。

誰でも病気には成りたく無いが中でも一番避けたいのが、脳梗塞である。

癌も成らないに越したことはないが、取り合えず、成っても直ぐに命を落とす事は無い。

脳梗塞は一発で逝っちゃう場合も有るし、助かっても後遺症が残り、私の職業では二度と三味線を弾く事は出来ないので、それだけは避けたいものだと、常日頃から思っていた。

人間、病気に関しては実に勝手で、自分だけはかからないだろうと思う節が有り、これが命取りに成る場合が多いと聞く。

 
さて、10日位前の事。朝起きて、大の親友と電話で話していたら何だか、左腕が痺れる。
あれっ?おかしい?

どうしたんだろう、もしかして脳梗塞の前兆かと思ったら、気になり出し、会話に集中出来なく成った。

いよいよ来た。適当にごまかし電話を切ったが、不安感は、増すばかりだ。

やばいなあ、水を飲んだりしてみたが、直ぐには、治まらない。
どうか回復するよう神に祈りながら横に成った。

色々な事が頭の中をよぎる。家族の事、五木公演の事、来年の30周年の事、お葬式には誰が来てくれるんだろう、などなど、、、
30分も経ったろうか、段々と気持ちが落ち着いて来た。

 ああ何とか助かったぞ、 痺れていた左腕も回復して何ともない。
これはやっぱり一度きちんと検査をしなければ駄目だな。


そう言えば訓成のお弟子さんの内海先生は、名古屋市内の病院に勤務されていると、会の行事で、ご本人から聞いた事が有り、何か有りましたらいつでもどうぞと言われた事を思い出した。

 
早速、訓成に痺れた事は隠して、これから大きな行事が有るから、一度検査をしたいので内海先生を紹介してくれる様、頼んだ。
日頃、私の身体を心配してくれる訓成なので、直ぐに先生に連絡をとってくれ、早速先生から、いつでもいらして下さいと丁寧なメールが来た。


次の日でも直ぐ行きたかったが、どうしても外せない用が有り、帰って来てから行くことにした。しかし本来この判断が命取りに成るらしい。


解ってはいたが、毎日祈るような気持ちで、行事をこなし、帰って来てから早速、内海先生に連絡をしたら明日でも良いと言ってくれた。良かった。これで今日一日乗り切れば、取り合えず、大事には至らないだろう。
その夜は、さすがに呑む気になれず早めに床についた。

 
次の日、約束の時間は10時半。市役所北に有る、名古屋医療センター。約束の1時間前に家を出て病院前には9時50分に着いたが、予想通り、駐車場に入る車で渋滞している。

参ったなあ。電車で来れば良かった。後悔しながらも何とか約束の時間、10分前には病院に入いれた。
まだ10分有るのでホールの壁に張ってある各分野別のDoctor名を見ていたら、なんと内海先生はこの病院の副院長である。


そうだったのかあ、

恐縮しながら約束の時間に電話を入れると、直ぐ様、迎えに来てくれ、副院長室に案内された。
さすがに副院長、広めの部屋に専属の秘書さんが付いている。
そこでお茶をよばれながら、症状を聞かれ、程なくして、下の検査室に案内された。


ロッカーで病院服に着替え、検査室に案内され、寝台に寝せられ、いよいよ本番、
どこと無く緊張する。まるで舞台で緞帳が開く前の緊張感ににている。
看護師さんが20分位で終わりますので、もし気分が悪く成ったらこのボタンを握って下さいと、ナースコールを渡された。


いよいよ戦闘開始。
頭が半円のドームに吸い込まれて行って、止まったと思ったら、凄い音がしだした。
ガガガガー、ビービービー、 ガンガンガンガン、 ギーガーギーガー、何だこの音は、どのようなしくみに成っているんだろう?

 
そんな事を考えながら20分か、時間を予想するために何曲が頭の中で三味線を弾く事にした。最初にざ津軽、 そしてあいや節、弦奏津軽の途中まできたら音が鳴り止んだ。

 
終わったな、
看護師さんが、終わりましたよと、ドームから出してくれ、着替えたら、秘書さんが待っていてくれて、撮った写真を持ち、副院長室へ再び入いった。

 
初めてMRIの写真を見たが、一枚に頭の写真が沢山写っている。今回撮ったのは、頭の写真と血管写真。
内海先生が一枚一枚丁寧に診て下さり、不安げな私に、おそらく心配は無いでしょうとの事。一瞬安堵感で力が抜ける。

 
私は専門で無いので念のため、夕方、脳専門の先生に会いますので、見て頂き改めて電話をくれるとの事。
会計を済ませ家に帰ったら、検査したせいかすこぶる調子が良くなった様な気がした。
病は気からと言うけれど、正しくそんな感じだ。

夕方先生からお電話を頂き、専門医の見解も全く問題無し。

良い頭で三重丸、
脳梗塞の形跡も無いと言われて、本当にほっとした。

やっぱり普段から検査をしなくては駄目だと反省すると共に、お世話に成った内海先生には心から感謝致します。ありがとうございました。さあ、これでまた、頑張れるぞ、

でも余り調子に乗ると神様にお仕置きをされるので、健康が一番、お酒は二番、で頑張ります。

皆さんも気をつけましょう。

ちなみに、今まで現役の私のお弟子さんで、脳梗塞になられた方は一人もいません、三味線は指を常に使うので、毛細血管まで血液が行き渡り、脳梗塞に成りにくいと聞いていましたので、今回もしも私が成っていたら、しゃれに成りませんでしたね。

今後は健康にもっと気をつけて頑張らなくては成りませんねオシマイ。

関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可