藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 正しいさわりの付け方
20090914013327
さわりを正しく付けれない人が多い。

さわりの効果は解りやすく言えば、普通のギターが、さわりが付くと、エレキギターに成るとでも言ったらお解りだろうか?

要するにびびった音で有る。

裏のネジを時計廻りに回せば、表の突起部分が出て来るし、反対に回せば引っ込む。

一の糸に程良くこの突起部分が触れるとびびった音に成るのだ。

正しい付け方はネジを微調整し、音が何処までも、何処までも切れない様に付けたい。


本来は1の糸に触れているので1の糸だけにさわりが付くと思われがちだが、チュウニングが正しく、さわりをしっかり付けれれば、さわりは2にも3にも共鳴するのだ。

付けると付けないのでは全く音色が違うのできちんと出来るよう頑張ろう。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可