藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 客目線

夕べ24年間、毎月夜付き合ってくれた姫路の訓和(さとわ)さんと一杯飲んだ!
皆さんと食事をした後で姫路駅の中にある居酒屋に入ったが、金曜日とあってか店内は会社帰りのサラリーマンで満席でごった返している。


11時閉店となっていたが、10時の時点でホールの女の子がお料理ラストオーダーですが宜しいですか?と聞きに来た。
その後、厨房内では片付けが始まっていて、がたがたうるさいのが気になる。


まあ、ここまでは良くある事なので許容範囲だが間もなくして、店員がカウンターの椅子をよせ、何と!ほうきで掃除をしだした。
この時点でまだ多くの客がいる。
おいおい、閉店の11時まではまだ40分もあるし、客のテーブルには料理がのってるのにほうきで掃除とは???。


いかにも早く帰れと言わんばかりだ。
この店は客を何と心得てるのだろうか??
思わず訓和さんと顔を見合わせてしまった。お客様あっての商売なのに、全く客目線では無い。



一言文句を言ってやろうと思ったが、言う方も気分が悪いし、言われる方もそれを良しと判断してやってるのだから、言われたら気分が悪いはず。



よしっ!何も言わないで帰ろう。
もう二度と来なければ良いのだ。
実はこういう客が一番怖い。
言ってくれる客は店にとっては良い客でまた来る。



言わない客には二度と来ないと言う究極の選択がある事をしっかりと認識するべきだ!
閉店11時はお客が帰る時間であって、従業員が終わる時間ではないのだ。


お陰で気分直しにもう一軒行ってしまい、今朝は夕べより気分が悪い。


全ては客目線ですぞ!
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可