藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 中国公演打ち合わせその3

承徳は小さな町なので五つ星ホテルは無く最高で四ツ星。
今回泊まった承徳天宝大酒店と避暑山荘の真ん前にある山荘賓館だ。


現地旅行社の劉部長が天宝大酒店が良いのではと奨めてくれたが、朝食会場が狭くロビーも以前泊まった山荘賓館の方が広かった記憶があったので、山荘賓館に行き比べて見て建物は多少古いが部屋は問題無し、レストランも広々としているし、ロビーもこちらの方が雰囲気が良い。
しかも避暑山荘の真ん前なのでロケーションが良く、こちらに決定しようと思ったら何とホテルの前で大々的な工事をやっている。




ホテルフロントに確認したら道路の地下に駐車場を作っているが5月半ばには工事が完了すると言うから問題無し、結局ホテルはこちらに決めた。
ツアーの場合ホテルの良し悪しは旅行では最重要ポイントだ。
ちなみに北京での宿泊は天安門広場、王府井に近い最高級ホテル『北京国際飯店』と『釣魚台国賓館』だ。



承徳を後に高速道路を北京に向けて走ること約1時間で見逃せないポイント、世界遺産の『金山嶺長城』がある。
一般のツアーの場合、万里の長城と言えば北京の『発達嶺長城』を訪れるのがほとんどだが、以前訪問して遥かにこちら金山嶺の方が素晴らしいし、観光客も少なくゆっくり出来る穴場中の穴場。
是非期待して戴きたいポイントだ。



(写真は釣魚台国賓館正門)

今回のツアーの目玉は交流演奏は勿論だが、人民大会堂でのパーティーと釣魚台国賓館に泊まれる事。
三年前に藤秋会で北京を訪問した際にも皆さんには大変喜ばれたし、一般のツアーでは限りなく不可能に近い所。
特に釣魚台国賓館は外国の元首クラスが泊まる所で去年の10月に私が泊まった次の日に同じ建物にロシアのメドベージェフ大統領が泊まられた。
一生の記念になるはずである。



今回のツアーが日中国交正常化40周年記念事業としてささやかながら日中友好の一助になる事を願いたい。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可