藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 中国北京公演打ち合わせ
28日から2泊3日で6月に日中国交正常化40周年の記念事業として行われる公演の打ち合わせで中国を訪問、北京へは5ヶ月ぶり。



28日の朝の名古屋はかなり冷え込みが厳しかったが北京は思ったほど寒くない。
秋田と北京は緯度が同じだが今の時期ははるかに北京が暖かく気温は21度。
北京空港で現地旅行社の友人、劉さんと日本から先行していた程さんの出迎えを受け昼食後に『北京民俗大学』へと向かう。




約束の時間より大分早く着いたが、民俗大学舞踊学院の格日楽図(ゲルロト)書記が出迎え。
書記にお目にかかるのは三度目だが常にニコニコ笑顔で日本語も流暢、日本人と話してるようだ。



その後に合流した今回公演でご一緒する日本舞踊、西川真乃女(にしかわしのじょ)会の奥村事務局長とホール下見、打ち合わせをした。
今回6月9日に公演するホールは大学敷地内にあり客席が800席、1961年に造られた古いホールだが歴史を感じさせ赴きがある。




打ち合わせ終了後に格日楽図書記さんが夕食に招待してくれ、成功を祈念して中国式、乾杯乾杯の連続でさすがにグロッキー。
中国では丸テーブルを囲み乾杯をしあうのが通例だが酒を飲めない人は出世が出来ないとまで言われている。
しかしいくら酒が好きでも連日これでは体が持たない。
やっぱり何事もほどほどが良い。




つづく。
関連記事

テーマ:中国
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可