藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 続編、アノインテッド・マス・クワイヤー、コンサート
20090901063038

知恩院を後にし、間もなく平安神宮に到着。

既に凄い人数が開門を待っている。

6時に開場
平安神宮本殿前に、特設舞台が組まれていてこれ以上の舞台背景は見た事が無い。、

6時半、定刻開演
200名を越えるゴスペラーズが舞台を埋め尽くし、最初の一曲目でその迫力に圧倒され、鳥肌がたった。

三曲目に綾戸智絵さんが登場すると客席が最高潮に盛り上がる。

やっぱり上手いなあ。
以前テレビで歌ってるのは何度か聞いた事が有るが、生は又格別。

小柄で痩せ過ぎではと言った方が良いかも知れない体から、どうしてあんなパワーが出るのだろう?


綾戸さんはアメリカに渡り大変苦労した方で、その辛い経験が、歌に説得力を増し、まるで彼女の壮絶な生き様を語っているよう。

魂の叫び。

やっぱりジャズは何処か津軽三味線と似ている。


森本レオさんのナレーションが歌を一層引き立て、クワイヤーが見事に綾戸さんのバックを務める。

アノインテッドは綾戸智絵さんが指導したゴスペラーズだが舞台所作も良く鍛えられていて、多いに勉強に成った。

綾戸さんいわく。

「私達がこうして歌えるのは皆さんが心の中で指揮をしてくれるから、 皆さんが歌わせてくれるんです」と。

お客様に感謝を忘れない姿勢がより一層、彼女を魅力的に大きく見せる。

来て良かった。

そして私の胸中には来年の30周年のステージがまた一つ見えて来た。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可