藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 一般財団、日本郷土民謡協会祝賀会

昨日は所属している一般財団、日本郷土民謡協会の52回目創立記念祝賀会に訓成(さとなり)訓音(さとね)と出席。


会場は東京ドームホテル。
全国から各地区連合会の幹部570人が出席して盛大に行われました。
皆さんとお会いして民謡談義をするのも楽しみですが1番の楽しみはアトラクション。



中でも抜群に光ってた方が藤秋会の公演にも何度もお越し戴いた東京在住、秋田県出身の『川崎マサ子』さん。もう60歳はまわってるはずなのに全く声が衰えず、むしろ聴く度に良くなって行くような気さえする。
おそらく今まで聴いた民謡人の中ではナンバーワン。
今後あのような人は出ないのでは?と思いましたがよくよく考えてみたら若手で一人いました。



そう、秋田で修行した東京在住の『横川裕子』さん。
藤秋会の公演でもお馴染みだが、裕子ちゃんの唄も天下一品だ。
それもそのはず、母親が秋田民謡の女王と言われた故、『長谷川久子』先生の姪で民謡歌手の『加藤悦子』さん。
裕子ちゃんはその子だから長谷川先生の血をバッチリと受け継いでいるのだ、



小学生の時に親元を離れ一人で秋田に来て長谷川先生の薫陶を長いこと受けた人。
若手ながらその節回しは絶妙で聴く者を唸らせる説得力がある。
お二人に共通しているのは民謡がとにかく大好きで常に勉強を怠らない事。
人の何倍も勉強しなければあの様にはならないだろう。




素晴らしいお二人にフアンの一人として心からエールをおくります。
益々のご活躍を。
関連記事

コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可