藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 鹿児島ハンヤ節
昨日鹿児島からの便はANA354便。
離陸してから20ほどして機長からのアナウンス。
当機はただ今10700メートルを速度990キロで飛行中。


ええっ!10700メートルと言ったら地上から約11キロメートルも上にいる事になる。
10000メートルはたまに経験するがそれにしても高い。
しかも速度が990キロと言えばあとちょっとでマッハ1だ!
気のせいか何だか頭が痛かった。



さて鹿児島の民謡と言えば『鹿児島ハンヤ節』が有名で、その軽快なリズムがいかにも南国らしい。
一昨日の教室でたまたまハンヤ節の話になった際に訓華((さとはな)さんがハンヤってどう言う意味か知ってますか?と質問。
んっ? ハンヤ?
今まで気にした事もなかったが、語源は繁栄(ハンエイ)がくずされてハンヤになったとの事。



なるほどそうだったのかあ。
ひとつ勉強になりました。
訓華さんありがとうございました。



皆さん知ってたかなあ?
関連記事

コメント
しんさん、ありがとうございます
良くご存知ですね 。
しんさんのようなお詳しい方に
民謡界を盛り上げて頂ければ嬉しく思います。
2012/03/25(Sun) 11:17 | URL | 加藤訓 | 【編集
ハンヤの語源
ハンヤ節(ハイヤ節)系の「ハンヤ・ハイヤ」の語源は「南風(はえ)」だと随分前に解明されています。
「ハイヤハイヤで今朝出した船は」という歌詞でわかるように、南風に乗って出ていく船の事を歌っています。
山形では「庄内ハエヤ節」です。
2012/03/12(Mon) 12:41 | URL | しん | 【編集
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可