藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 三重訓峯会総見その3

日曜日に行われた総師範、訓峯会の総見は30名ほどが参加。
じょんから6段で基本をびっちり指導。
その後、新年会のコンクール曲、あいや節、よされ節、荷方本荘追分組曲。
最後に津軽の響きで終了。


特によされ節、本荘追分はほんの少しのリズムの違いが曲になると、別の曲の様になってしまうから難しい。
頭ではわかっていても体と頭と一致してやっと弾ける曲。
来年は是非完璧に弾ける様、課題にして戴きたい。



稽古終了後に忘年会でお邪魔したのが、伊勢市神久二丁目にあるお食事処、『きくよし』御膳での料理は品数も多く、お味も良くお奨めの店だ。



お邪魔する度に思うが訓峯会は大所帯の割には大変良く纏まっている。
その一つの理由が呑みニュケーション。
呑むほどに本音を語りあい、それで相手の理解が深まり、信頼関係が強くなり、ひいては会の団結力へと繋がって行く。
そして他支部と決定的に違うのは皆さんで必ず輪になって踊る事。全員参加の踊りは仲間意識、一体感を生み更に絆を深める。





この日も伊勢音頭の、『騒ぎ』で踊り、『別れ』で締めた。
とても楽しく心に残る訓峯会の忘年会でした。
来年もきっと神宮の神様は訓峯会に福をもたらす事でしょう。



お世話になりました。
関連記事

テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可