藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2020年05月17日
解除とは。
『今まであった制限・禁止、あるいは特別の状態などをなくして、もとの状態に戻すこと』とある。

政府は全国39県に対しコロナウィルス非常事態宣言を解除したが、解除した途端に総理や西村大臣が気の緩みが心配だ、引き続き不要不急の外出は避けていただきたいなどと言っている。


冒頭の解除の定義を見たら、元の状態に戻す事、とある。
当然ながら規制されている状態を元に戻す訳だから、人の動きは活発になり、接触の度合いが高くなるのはわかり切った話で、別に気の緩みでも何でもない。
解除しておきながら、県を跨ぐなとか、不要不急の外出は避けろだとか言うのだったら、何故解除するの?

解除すると言うことは、解除して人の動きが活発になっても、感染者がこれくらいに止まる筈だからとの根拠がない限り解除は出来ないのではないだろうか。
人のやる事にケチをつけるのは誰でも言える事で、じゃあお前が出来るの?と言われると簡単な事ではないのはわかっているが、とにかく今の政府の対応は遅すぎる。

5月も半ばを過ぎて倒産件数も日増しに多くなって来ているし、早急に第二次補正予算を組まなきゃ駄目なこの100 年に一度の待ったなしの非常時に、検察官の定年延長法案を通すのに貴重な時間を費やしてる状況にただただ呆れるしかない。
定年延長法案を先延ばしにしても人は死なないが、コロナの問題は一日、いや一時間対応が遅れれば死人が増え、その間にも倒れなくても良い企業や商売人がバタバタ倒れているのにである。

37.5度が4日続かないと検査は受けるなと言って亡くなった方々が多数いるのに、それは受ける側の誤解だったと何食わぬ顔で言う様な方が閣僚なのだから、呆れてしまう。

5月も半ばを過ぎて月末に家賃を払えない店がこの危機を乗り越えられないと悲鳴を上げているのに、家賃補助の話はひと月も前から出ているにもかかわらず、まだ決めれないでそっちは後回しで定年延長の話。

日本人は大人し過ぎる、もっと怒らなくてはならない。
もはやこの国の政治はまともに機能してない!

日本におけるコロナ被害者は政府の人災だ!!







関連記事