藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2020年05月02日
世の中には語学に長けた方々が多くいる事は充分に承知しております。
因みに私は全く駄目です。

それを認めた上でですが、最近語学堪能なのをひけらかしたいのか?単なる喋れない私のひがみかも知れないが、ステイホーム、ロックダウン、エビデンス、クラスター等々。
わざわざカタカナで言わなくても、立派な日本語があるのだから、日本語で喋れば良いのにと思い、物凄く違和感がある。

特に東京都の小池知事。

ステイホーム(家にいて下さい)ロックダウン(都市封鎖)エビデンス(証拠)クラスター(集団感染)

若い方々はどうかわからないが、私の様な年寄りにはんっ?今のはどう言う意味?と言う事がしばしばある。
日本人全てに意味が伝わるのは日本語である。

今は100 年に一度の非常事態、年齢幅のある国民全てに周知徹底が叫ばれている中で、わざわざその意味を調べたり聞かなければわからない様な言葉に言い直す必要はないはずで、こういう時こそ日本人として日本語を正しく使い、日本人としての誇りを持つ事が大切ではないだろうか。

確かに英語は世界の共通語にはなりつつある現代においては、その重要性も理解は出来るが。



単なる喋れない者のひがみかあ?

関連記事