藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2019年08月20日
地球の裏側ブラジルでは、秋田民謡本荘追分大会が開催され4回目を数える。

第4回目のブラジル大会で優勝した日系3世で日本郷土民謡協会ブラジル支部の、高木茂樹エヴェルソンさん(41歳)と師匠の海藤司さんと奥様が本荘追分全国大会出場の為に来日、わざわざ私の自宅を表敬訪問してくれた。








サンパウロで牧師をしているエヴェルソンさんが民謡を始めたのが15年ほど前で、すっかりその魅力に取り憑かれ、ついに第4回ブラジル大会で優勝するだけあって素晴らしい唄声を披露してくれた。

師匠の海藤さんはお隣山形県からブラジルに渡って48年、洋楽器商を営みながら現在は和楽器屋も経営してるそう。


最近ブラジルでは津軽三味線をやる若者が随分増えたとか。
原因は、日本のアニメがブームで、そのバックミュージックに津軽三味線が良く使われているからだと言う。

いずれにせよ、日本の民謡がブラジルで普及されている事はありがたく素晴らしいことだ。



お二人の益々のご活躍を期待したい。

関連記事