藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2019年07月
7月も今日で終わり、今月も結構ハードだった。
岐阜の事務所に10日ぶりに帰って来たが梅雨が明け一気に猛暑で外は熱波で異常な状況。
クーラーフル回転しないと家の中でも熱中症になりそうだ。

さて、ブログを正式に始めて今日で丸10年になった。
2009年8月1日から今日までの10年間で書いた数は3504。

典型的なアナログ人間の私にはとても無理だと思っていたが、親友におだてられながここまでやれたのは、どことなく達成感がある。

当初はガラ系携帯で打ってたので、物凄い時間がかかったし、画面が小さいのでレイアウトも見づらい、変換ミスは多いで大変だったが、人間その気になれば出来るもんだ。

中でも5年間1日も休むことなく達成出来た時の喜びはひとしおで、続けることの貴重さを学んだ。
最近は以前のを読み返すのが楽しみでもある。
この10年悲喜こもごも色々なことがあったが、私の人生で1番充実して結果を出せた10年だった様に思うので、ブログに残せて良かったとつくづく思う今日この頃です。


ブログをすすめてくれた同級生の栗谷君、
いつもお読みいただいてる皆様にはあらためて感謝申し上げます。


暑くなります、皆様呉々もご自愛のほどを。

関連記事
いやあ~、全国色々な民謡の審査に行きましたが、日本で最も過酷な審査が産経民謡大賞の審査である事は間違いないようです。
それがどうした?と言われれば別にどっうてことないですとしか言いませんが。


言いませんがとにかく熱いコンクールです。
土曜日はまだ終わってから飲みに行く余裕がありましたが、流石に昨日は朝9時から始まって、終わったのが夜の9時ですからそれはそれは大変です。

間の休憩はトイレに行く5分と昼の食事の30分だけ。
お客様もいますので5分でトイレに行って帰って来るのはかなりキツイです。



                       (審査員の皆さん) 



しかしながら今年の大会はレベルが高く、大賞の部門、内閣総理大臣賞争奪戦の決勝、10人の唄声はこれぞまさしく甲乙付けがたいとはこのこと、最近経験したことのない熱戦でした。






その激戦中の激戦を制した方が岩手県からエントリーした中田桂敏さん。






見事なまでの南部牛追い唄は、誰もが納得する唄だったと思います。
会場が大阪ということで、関東の大会とは違って普段あまり聴けない唄も多く聴くことが出来、大変充実した二日間でした。

日本には良い民謡が沢山あります。
民謡は素晴らしい!!


皆さん、お疲れ様でした、来年また頑張ってください。

関連記事
各地の予選会を経て毎年この時期に開催される西日本最大の民謡コンクール、第54回産経民謡大賞の決勝が今日明日の二日間にわたって開催される。
会場は大阪梅田のサンケイホールプリーゼ。
昨年は台風の影響を受けて開催そのものが危ぶまれたが1時間半押しで何とか開催出来たが、初日の終了が夜の10時近くになり、結構ハードだった記憶がある。
奇しくも今年もよりによって台風に見舞われ心配だったが何とかそれてくれたようだ。

今日明日の決勝には450名ほどが出場するのでかなりの激務だが、厳正な審査をさせていただきます。
さて?今年の優勝者は何方になるのか?
出場者のご健闘を祈念致します。

関連記事
梅雨明け前とはいえ、今朝の秋田は23度、風も少しあることから肌寒さを感じる。

流石にブログも1週間開けると安否確認が来るが、何とか生存してます。
18日から岐阜を出て東奔西走、今月も秋田の我が家には稽古に返って来た状態だ、

体力的にも少しゆっくりしたい歳になったが、意に反して中々ままならない今日この頃です。
ブログを始めて今月で丸10年、この10年はかなり濃厚な10年でした。

ブログを読み返すことで色々な事が見えて来ます。
さて、今後の10年はどうなりますことやら?


温泉でゆっくり過ごせる日はまだまだ遠そうです。

関連記事
2010年ので5月に中国山東省の名山、泰山に登った時の有志で作った会が山にちなんで泰山会。
あれから9年と2ヶ月、最初は隔月で行なっていたが、次第に2ヶ月会えないのは寂しいということになり、ついに今月が100回目。





昨日100回目の例会を私の店、天山で行いました、参加者は21名。
よくもまあ、ここまで続いたなあ、と感慨深いものがあります。
やはり何事も続けることは意義深いもの、続けることによりそこからかけがえのないものを得ることが出来ます。


継続は力なり。


改めてその言葉の意味を噛み締めた100回記念例会でした。






これまでの皆様のご理解に心から感謝申し上げます。
そして来月からも更にその絆を深めその輪を広げるべくこの会は続きます。

関連記事
3月から細川たかしさんのコンサートツアーに声を掛けていただき、貴重な勉強をさせていただいてる鹿児島の訓煌(さとこう)訓平(さとつね)兄弟。
今日は福井県あわら温泉でのディナーショウに出演します。

昨日岐阜の我が家に泊まり、訓栄(さとえい)と、関ヶ原で京泰(きょうやす)と合流、車で現場に向かいます。





一流のスターからは学ぶことばかりで、この経験はかけがえのないものになります。

最近は名前も少しずつ知られてきて、地元の日置市からもちょくちょくお話をいただけるようになりました。
先日も市から依頼された大型フェリー、サンフラワーでの演奏が好評だったようです。


こうして少しずつ成長行く姿を見るのが最近の楽しみになりました。


頑張れ訓煌、訓平!!

関連記事
昨日、熱田の賀城園で訓成と訓音の秋田荷方節三味線コンクール優勝報告と感謝の集いが行われました。










秋田民謡全国大会の中で行われるこのコンクールはレベルがたかく、出場することだけでも大変なのに、そこで優勝するのはさらにハードルが高く、訓成が7回目で、訓音にいたっては何と9回目の挑戦でやっとその栄冠を手にすることが出来ました。

それほどこの秋田荷方節という曲は三味線弾き泣かせであります。





感謝の集いと銘打ってるだけあって、そのもてなし方も心温まるとても楽しい会でした。








二人とも入門から30年が過ぎ、今では会の要として頑張っていただいております、
今後も優勝するまでの厳しい道のりを忘れることなく、更に高みを目指して頑張っていただきたいと思います。



大変お疲れ様でした。

関連記事
昨日トヨタ教室に行って昼御飯は皆さんでお弁当。
会話は皆さん良い歳になったので自然と健康の話題になった。

盛り上がったのは無呼吸症候群の話。
私も同級生と泊まった時に、訓、お前息が止まってるよと言われて気にはなっていた。

訓宏さんと訓松さんも無呼吸症候群で医者にかかっていて、お二人とも現在酸素が自動で送られるあの酸素マスクのような器具を付けて寝ていると言う。

この機械を装着すると止まった回数や止まってる時間もわかるというが驚いたのは、訓宏さんは朝まで100回も止まり、最大1分半も止まっていると言う。
もっと凄いのは訓松さんで、1時間に何と!50回止まったとのデータを得られたそう。


ええ~!    1時間に50回と言えば1分に1回ほど止まっていることになる。
ほとんど呼吸をしてないことになるではないかあ。
これには驚きを隠せない。
私もそうだろうか???


そして次の話題は頻尿。
最近、私は夜何度かトイレに起きる。
目が覚めるので、寝るにはまた仕切り直しで熟睡出来てない。
だから昼間物凄く眠い時がある。

そんな話をしたら、訓松さんは前立腺肥大の手術をして今は快調とか。
訓一さんも悩んでいて現在トレーニング中とか。


トヨタ教室はあと2ヶ月で丸31年。
みんな歳を重ねた。


健康は有難い。


そんな話題で盛り上がるような歳になってしまった。


ああ~。

関連記事
本来ならとっくに動いてる筈の来年3月の藤秋会40周年記念、【藤秋会夢舞台2020'】がある事で難航し、遅れていたが、やっと昨日の最高幹部会で概要がまとまった。

夢舞台2013と2015はかつて東洋一の劇場と言われた、あの愛知芸術劇場昼夜2回公演をやり遂げたが、今回は昼1回の公演となった。
昼夜2回公演は流石に会員の体力的に大変で券売にも大きなエネルギーを使うし、昼夜だと打ち上げが出来ない。

40周年記念なので皆さんそのお祝いも込めて打ち上げをやりたいとの希望だった。
問題は収支が合うかだが、切り詰めるところは切り詰めてやれる目処がついた。

構成もほぼ決まり、かつてない絶対見逃せない舞台になる!!    いや、する!!


昼1回なのでチケットはほぼ予約で埋まるはず、早い者勝ちだ。


全容は近々発表させていただくが、乞うご期待!!


藤秋会が民謡界の歴史をまた塗り替える!!!

関連記事
半月ぶりに富山に行って来ました。
今月から30年振りに再開した富山教室、うっかり写真を撮るのを忘れてしまいましたが、皆さん昔とった杵柄、しっかりと私の教えたことは出来てて感心しました。
長い年月が経っても忘れずにいてくれたことに心から感謝です。


さて、やはり新幹線が停まる駅は違います。私が初めて富山駅に下りたのが昭和57年、駅舎は勿論、駅前の街並みも当時とは雲泥の差で近代的になっています。





ただ、路面電車はご覧の通り現代の物と、当時を思わせるレトロな車両が走っていてとても懐かしさを感じます。








新幹線の開通で富山空港を利用する方が40%も減少し便数も減らしたそうで、航空会社にとってはかなり痛手の様です。
なにせ東京駅から2時間15分で富山に着くのですから世の中も変わったものです。


せっかく呼んでもらったのですから、しっかりと皆さんに喜んでいただけるよう頑張ります!

関連記事