藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2019年04月20日
真言宗の名刹、東京都文京区にある大本山護国寺は、五代将軍徳川綱吉の母、桂昌院の願いで建立されたと言われ、幕末までは幕府の祈願寺として保護を受けていたので、葵の御紋が掲げられている。

昨日この護国寺で協会物故者の慰霊祭法要が行われた。富山、宮城などからも遺族が訪れ、参列者は50名ほど。
荘厳な本堂で導師他七名の僧侶による読経は重低音で引き込まれるような旋律に、真言宗ならではの気品の高さを感じます。





法要終了後は民謡碑と慰霊碑の前で尺八による江差追分の献奏をし、その後参列者と会食、遺族や関係者と生前を偲びました。





この護国寺の一番良い場所に民謡碑と慰霊碑が建立されている事に、改めて護国寺様のご理解と建立に尽力された当時の役員の御苦労に頭が下がります。








平成最期の慰霊祭法要でしたが、令和の新しい時代にもお導きお守りいただくようしっかりと手を合わせて来ました。

関連記事