藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2019年03月
津軽三味線を志す者にとって青森は特別なところ。
昨日久しぶりに弘前に行ってきた。

秋田駅から特急津軽で2時間少しの旅だから決して遠い距離ではない。
いつもは車で行くのだが、たまには電車でのんびりと景気を眺めるのも悪くはない。





まだまだ青森はこんな感じです。


弘前駅に降りると、津軽三味線が聴こえて来てここが津軽三味線の里だということを実感します。






訪れた目的は津軽三味線の名手で全国的に知名度の高い、渋谷和生さんにお会いする為。
駅前のホテルにチェックインしてから渋谷さんの経営する民謡酒場、あいや、に着いたのは夕方6時半頃。





店はとても感じが良く聖地青森で聴く津軽三味線はまた格別です。
日本一の桜の名所弘前城の開花は20日頃とか。
桜祭りの時期には県外からのお客様で連日超満員だそうで是非その時期にまた来てみたい。


商談も見事に成立、久しぶりの津軽に大満足です。


関連記事
先日皆さんに応援して下さいと言っておきながら、昨日の札幌第一高校はボロボロで見てられない状況でした。
身内もエースNo.1を付けながら全く良いところがなく、3失点であっと言う間で降板、気の毒でした。


家内にはあまり調子良くなさそうだから、もしも一回戦勝ったらブログに載せなさいと言われてたのに、あまりの嬉しさに私がフライングして掲載したことで応援してくれた皆さんをがっかりさせてしまった事をお詫び致します。


しかしながら昨年秋の全道大会で決勝で札幌大谷に敗れはしたものの甲子園に選んで頂いたことは素直に評価してあげたいと思います。


この悔しさは今後の人生で必ず生かされるはずですし、直ぐ夏の予選が始まりますので夏を目指して頑張っていただきたいと思います。


皆さんの応援に心から感謝致します。


ありがとうございました。

関連記事
『子供の頃から人に笑われてきたことを常に達成してきている、そういう自負はある』


雲の上の人の言葉だが、私が志した津軽三味線の世界も虐げられて今がある。
どこか共感するところがある。


『新しい世界に挑戦することは勇気がいる。成功すると思うからやってみたい、出来ないから行かないという判断基準では後悔を生む。出来ると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思うから挑戦する。そうすればどんな結果でも後悔はない』


流石! という言葉はイチローのためにある言葉ではないだろうかと思う。
前人未到のことを成し遂げた人の言葉は違う。


この人にどれだけの人が救われ勇気を頂いただろうか。


イチローには感謝しか見当たる言葉がない。

関連記事
今回の旅はいささかきつい。
一昨日は中部国際空港から鹿児島便初便に乗るのに4時起き。

昨日はホテルを8時に出て鹿児島空港から神戸に飛んで岡山に行くのに、何と飛行機に乗り込むためにバスに乗ったら、機材のトラブルがあるとの事で1時間もバスに缶詰。

結局また待合室に戻され、機材変更大幅遅延で教室に着いたのが3時半、鹿児島から新幹線で移動すれば楽なものを、早割の価格に惹かれて結局は新幹線の倍以上時間がかかった。


安ければ良いというものではないことを改めて自覚。
時は金なり、と言うが無駄にした時間をお金に換算したら結局高くついたことになる。


救いは岡山の皆さんが根気よく待っていてくれたこと。
皆さんにご迷惑をかけました。


今後の教訓にしたい。

関連記事
やはり今日はこの話題から避けて通れないだろう。

イチローがついにユニフォームを脱ぐ決意をした。
私は野球が大好きだが特定の球団のファンではなく、その人物個人を応援してきた。

過去にはメジャーリーグのパイオニアとして海を渡った野茂だったり、前人未到の記録、三冠王を三度獲った同郷の落合だったり。

そしてイチローがシアトリマリナーズに行った2001年からずっとイチローの熱烈なファンだ。
イチローの母方の祖父母が秋田の大雄村の出身だった事も更にそのことに拍車がかかった。

何事にも諦めず努力を惜しまず、結果を出すイチローはまさしく私のヒーローだった。
イチローに刺激されて自分なりに頑張れた事も沢山ある。

マイアミマーリンズに行った時、豊山のイチローの自宅横にある記念館で公式ユニフォームを買って来てそれを部屋に飾り眺めては勇気と力をもらった。





オープン戦で調子が上がらなくてもイチローなら必ずやってくれると信じていて、今でもほんのもう少し時間を彼に与えればイチローだったら必ずやってくれたと思うが、日本でユニフォームを脱ぐのはイチローの最後としてはこれ以上の選択はなかったのだろう。


本当にお疲れ様でした。
私の中ではイチローは永遠に不滅の存在、これで終わるようなイチローではないはず。
今後も誰をも魅了してやまない次のイチロー劇場をワクワクして待ってます。


イチローの存在に心から感謝致します。

関連記事
イチロー日本凱旋が連日話題になっていますが、こちらも注目していただければ幸いです。

昨年夏の甲子園は金農旋風で日本中が湧きましたが、実は我が家に吉報が舞い込みてんやわんやです。
それと言うのもこの23日から始まる選抜甲子園に家内の姉の孫が出場することになりました。


札幌第一高校のエースで名前を『野島 丈』 のじまじょうと言います。





身長178センチ、85キロの右の本格派、背番号はエースナンバー  1をつけていてサードも守ります。
試合は大会3日目の25日の第三試合山梨学院高校と対戦。


ご縁のある方々はどうか応援宜しくお願い致します。
私は血が繋がっていませんが家内は大変な状態です。



是非是非頑張っていただきたい。

関連記事
好天に恵まれた昨日、第34回広島地区連合大会の審査を務めました。
会場はアステールプラザの中ホールで10時からの開演。





3部門でコンクールが行われ12月に行われる全国大会内閣総理大臣賞争奪戦をかけたグランプリ部門の出場権を得たのは、櫨採り唄を見事に唄いあげた福原由美さん。


審査は個々の審査員の判断が分かれる事も良くあり、必ずしも優勝者を的中出来るとは限りませんが、昨日私は3部門全ての優勝者を的中、何とかお務めを果たせたようです。


懇親会では各先生方から色々なご意見を伺うことができ大変有意義な広島訪問でした。







     ( 成田光義広島地区連合会会長と)

関連記事
今日は何年振りかで広島に来ています。
新幹線で通過する事は度々ありますが降りたのは随分と久しぶりです。





第34回の協会広島地区連合大会の審査でお邪魔しました。
10時からの大会で12月に東京で行われる全国大会の予選会ですがプログラムを見ると、普段聴きなれない曲もあり楽しみです。


夕べは役員の方々が一席設けてくれ、中国地方の民謡界の現状なども詳しく知ることができ、誠に有意義な時間でした。


一日しっかりと務めます。

関連記事
師匠にとってお弟子さんは大事なものです。
そして、自分が一緒に付いて行けない時は心配です。
特に今回は演歌界の大スター、細川たかし、長山洋子さんのふたりのビックショーに出演とあらば心配しない方がおかしい。


ブログでご案内の通り、鹿児島の訓煌と訓平兄弟が勉強させていただいてますが、毎日の報告で何とかお務めを果たしている様です。

夕べは細川たかしさんから終演後にお声がかかり邦楽メンバーがお呼ばれでご馳走になったとか。
若い二人は五木ひろしさんのステージは何度も経験があるとは言えど、初めてのスターとの舞台は緊張しまくりでしょう。

幸いな事に津軽三味線のメンバーの師匠連は、澤田勝秋先生はじめ私と昔から親交のある方々で、良く気にかけていただいてるようで一安心。

今日は休演日で明日大分の公演を努めればひとまずひと休み、来月から長崎、佐賀、宮崎、鹿児島と回ります。
今回の経験は兄弟の今後の大きな財産になるはず。


頑張れ!訓煌、訓平!!

関連記事
鹿児島の訓煌、訓平兄弟が昨日から、細川たかし、長山洋子ふたりのビックショー九州ツアーに参加してます。





昨日は熊本の八代、今日は熊本市民会館です。
明日からは大分に移動で2ヶ所4公演。






来月は長崎、佐賀、宮崎、鹿児島と回ります。
宮崎、鹿児島は訓栄も加わります。

日程はふたりのビックショーです検索して下さい。


鹿児島、宮崎教室の皆さん応援宜しくお願い致します。

関連記事