藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年11月05日
昨日は民謡界の双璧である、公益財団法人、日本民謡協会の全国大会が品川の区民会館で行われていて、その審査にお招きをいただきました。









第68回の全国大会ですから、私の所属する郷土民謡協会よりも10年長い歴史があります。
向こうは公益財団だけあって厳格な印象に対してこちらは、アットホームで大会の内容も郷土民謡協会の方が部門も多く観客側から見ると楽しめる内容になっているように思います。


審査をして感じた事は何と言っても郷民は点数が電光掲示板で直ぐに客席に表示されることで、結果がわかりやすく盛り上がりはこちらの方が断然あると思いました。


それと感じた事はどちらの会にも所属している方が凄く多い事。
正確な数字はわかりませんが3割以上はいそうな気がします。


民謡界も少子高齢化で会員の減少が顕著な現状を考えると何か双方にとって良い方法を考える時期に来てるのかも知れません。


疲れはピークに達して、夕方同級生との会食で滅多にないこと、寝てしまいました。



歳には勝てませんね。

関連記事