藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年10月31日
鹿児島三大祭りの一つ、妙円寺詣りは鹿児島市内の照国神社から日置市伊集院の徳重神社まで20キロを行軍し参拝する行事。

17代当主、島津義弘公が関ヶ原の合戦に出陣し、日置市妙円寺に位牌がまつられてる事から、日置市と岐阜県関ヶ原町は姉妹都市提携を結んでいて、毎年相互交流をしているが、今年は関ヶ原町の訪問団として、関ヶ原町在住の京泰にも声がかかり役場関係者と共に妙円寺祭りに合わせて参加したそう。


この日置市伊集院には、訓平、訓煌、兄弟がいるので日曜日、徳重神社境内で行われる特設舞台でのイベントに声がかかり京泰も一緒に演奏。





姉妹都市の関ヶ原町から来た京泰と地元伊集院の訓平、訓煌三人のピタリと息の合った演奏は境内に詰め掛けた満席の会場から大喝采を浴びたそう。

藤秋会の若者が姉妹都市の両自治体の交流に役立っている事はこの上ない喜びだ。

日置市の宮路市長は来年は関ヶ原に訓平、訓煌兄弟を同行させると言ってたそうで、来年は関ヶ原で三人の演奏が聴けるかもしれない。

関連記事