藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年09月01日
先程新幹線で名古屋から東京に向かっていた8時42分、一斉に携帯から緊急警報が流れた。

一瞬、地震だ!と思ったが、富士市の訓練で大津波警報を発令した警報を携帯が受信した様だ。
訓練は勿論大事で必要だとは思うが、突然のことでビックリしました。


しかしながら天災は待った無し、特に地震発生は中々予測不能なので、こんな時も落ち着いて冷静な判断が求められる。


訓練で良かった。

関連記事
今日から9月、1年の3分の2が終わり、本格的な秋から東北は少し寂しげな冬に向かって行くが、今年ばかりは、そんな寂しさも金農の話題が癒してくれそうだ。


いくらなんでももうそろそろ金農の話題は出なくなるだろうなと思っていたら、ここへ来ても連日マスコミから消える事がない。

地元秋田では、県民栄誉賞、そして秋田市から、ふるさと市民賞、農林水産省から大臣感謝状、全農からの表彰などなど、まだまだありそうで地元は連日自分のことの様に喜んでいる。


そんな中U 18に選抜され登板が注目されてた、金農、吉田投手がついに昨日、宮崎での壮行試合、宮崎県高校選抜との試合で登場!





4ー2とリードし、9回にクローザーとして登場した時の歓声は甲子園を思い出させる物凄い歓声で、テレビを視ていたこちらも、テンションが上がりっぱなし。

甲子園での投げすぎで心配された疲れも全く見せず、いきなりギアをマックスに上げ、146、148、そして最速149キロのストレートで打者を完璧に封じ、詰め掛けた16000人の吉田ファンを熱く燃えさせた。


3日から始まるアジア選手権でも1番の注目の的であることは間違いなく、しばらく吉田熱は冷めるどころか秋田は益々熱く燃えそうだ!



金農から元気と勇気をもらい私も頑張ります!

関連記事