藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年08月20日



金足農業高校野球部の話題で投稿が遅れてしまったが18日に行われた35回本荘追分全国大会の審査にお邪魔した。

本荘追分は民謡王国秋田を代表する民謡で、その旋律の美しさから多くのの愛好者に親しまれ、東京で行われる民謡全国大会でも良く唄われている唄だ。

しかしながら唄そのものは凄く難しく、きちんと唄えるまではかなりの努力を必要とする。
秋田県内で行われている〇〇節の各全国大会も、少子高齢化の影響により年々出場者が減少してきて、今年はついに100名を切ってしまった。


大賞の部門49名、高齢の部門37名、年少の部門、10名で競われ、見事に内閣総理大臣賞を射止めた方が大仙市在住の富岡久美子さん。





ほとんど隙のない見事な唄で文句なしの優勝だったと思う。
入賞者10人の中には県外の方が4人入っており、県外の方がこの難しい唄で入賞したのは非常に価値がある。


そしてその中で4位に入った方が、何と!ブラジルから参加した、エスピンドラ、イングリッジさん。
実は3年前からブラジルで本荘追分ブラジル大会が開催されており、彼女は今年の優勝者だ。


しかも日系人ではない、純粋なブラジル人。
どんな唄を唄うのかと興味深々だったが何と何と、日本人顔負けの素晴らしい唄でした。
あの頑張りだと来年は優勝候補だと思います。


本荘追分が遥か離れたブラジルで唄われてるとは感無量です。






次は優勝目指して頑張ってください。


さて、あと2時間でいよいよ金足農業高校野球部と日大三高の戦い!


今日は勝つと信じてます。
皆さんの応援が金農ナインを後押しします。



皆さん、応援宜しくお願い致します。

関連記事