藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年07月16日
昨日は酷暑の中栃木県栃木市太平文化会館で行われた、第72回栃木県芸術祭民謡大会の審査に行ってきました。
この大会は戦後間もない昭和22年から行われている歴史ある大会で、予選を県下二会場で行い11月に決勝を行います。
昨日は120名が予選会に出場、白熱した熱戦が繰り広げられました。





えっ!と思ったのはそれまで八木節はお隣群馬の民謡だと思っていたら何と、本家は栃木県でした。
八木節のコーナーもありこれには10人がエントリー、軽快なお囃子に樽を叩きながらの演技は中々聴きごたえがありました。


そして、更にサプライズがあり、会場にある人が訪ねてきました。
お名前を、良枝キャンベル、さんと言って、秋田の浅野梅若師匠のところで内弟子をしていた浅野良枝さんと25年ぶりにお会いできました。

彼女は内閣総理大臣賞を獲った実力者。





彼女は現在スコットランドに住んでいて現地の方と結婚して20年、たまたま休みで宇都宮の実家を訪れていて顔を出してくれました。

昔よく仕事をご一緒しましたので大変懐かしく、当時を色々思い出しました。びっくりしたのは当時とほとんど変わってなかったこと。

それを言ったら加藤さんもそうよ、などどとんでもない嘘を言われて、思わず嘘だとわかっても喜んでしまいました。


来週の水曜日には帰るそうですので、丁度間に合って良かったです。
たまには民謡を唄う機会もあるそうで、今度是非スコットランドに皆さんと来て下さいと言われました。



良枝さん、気をつけて帰って下さい、お元気で。

関連記事