藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年06月29日



う~ん、眠い目をこすりこすり精一杯応援したが、微妙な結末に様々な思いがつのる。
終盤、同時進行していたコロンビアとセネガルの結果がわかり、時間稼ぎでボールを回してたシーンは、ポーランドサポーターから大きなブーインが起こり、見苦しさを感じたが、あくまでも決勝に残る為の戦略なんだと理解をするべきだと思った。


しかしながら残りの時間でセネガルが一点を入れない保証はどこにもなく、それだったらもっと攻撃的にこちらが一点を取りに行くべきではないかなどと、私の様な素人は考えてしまうが、その結果失点してしまえば万事休すであり、結果、決勝に進めた事を考えれば、あの判断は正しかったのだろう。


そして不思議だったのはポーランドがその時間全く攻めようとしなかったこと。
もう一点取られていれば得失点差でセネガルに敗れて決勝には進めなかった筈で、歴史的に親日国で既に予選敗退が決まっていたポーランドの友情なの?なんて考えてしまった。


あくまでも予選であるグループリーグの試合は、決勝に残る事が最大の目標であるので結果、決勝に残れたことは素直に拍手を送りたい。

予選敗退と、決勝に残るのでは天国と地獄くらい違うのだから。


勝ち方はどうあれこれでまた侍ジャパンの勇姿を見れるチャンスを頂いたのだから、決勝ではこのもやもやを晴らすために大いに暴れてもらいたい。


決勝進出、良くやりました!



本当にお疲れ様でした。

関連記事