藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年06月15日
胡蝶蘭と言えば高価な御祝いの花として知られている。
昨年、協会理事長に就任した御祝いに友人と中学の同級生から頂いた。


家内は無類の花好きで、庭に花を植えたり鉢物を買ってきたりしてはしょっちゅういじくりまわしている。
私は全く花にはうといので知らなかったが、この花を次の年に咲かせるのは中々至難の技で簡単ではないらしい。


本人の何とかして咲かせたい祈りが届いたのか、まず先月末に奥の大きい方が咲き始めた。
この時の喜びは相当なもので本当に誇らしげだった。
しかし手前の方は咲く気配がないので半信半疑だったが、先日帰ったら、おっ!見事に咲いていてまだいくつかの蕾が膨らんでいる。






花が散ってから丸々一年、良く咲いてくれました。
贈ってくれた方の気持ちが今年も伝わって来て、とても嬉しく思います。
ちなみに上手く育てれば50年咲かせることも出来るとか。


さて、我が家では何年咲かせられるか楽しみです。

関連記事