藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2018年05月23日
昨日の日大、アメフト部宮川君の会見はとても男らしく、しかも監督やコーチを気遣う気持ちも表れていて、立派な会見だと思ったが、それに対して、日大側のコメントは潰せ、は怪我をさせろとの意味ではないとの言い訳は、誠にみっともない発言であるとほとんどの人が感じたのではないだろうか。
世の中には理不尽な事が一杯あるが、学生日本代表になるほどの逸材をこんな事でアメフトが出来なくなるのは何ともかわいそうな話だ。
そしてもう一つ。
安倍総理がまたもや窮地に追い込まれている。
親友である加計学園の理事長とは度々会っていて、ゴルフや会食を重ねているのにもかかわらず、長年の願いである獣医学部創設の話を一切しなかったし、聞いた事がないなどとは誰が考えても不自然な話である。
堂々と、その相談は受けたが特別な計らいはしてないとなぜ言えないだろうか?
あるいは本当にそんな話は出なかったのだろうか?
特別な計らいをしたのではないかと野党は懸命に追求しようとしてるが、もっともっとこの国の為にやるべき事は山ほどあるはず。
いくらやっても野党の支持率が一向に上がらないのは、多くの人が同様に考えてる証であり、一刻も早くまともな政治に戻って欲しいものだ。
いったいこのことをいつまでやるつもりだ?。
日大の話もコーチが監督の思いを忖度して宮川君に伝えたのか、あるいは総理の思いを官僚が忖度したのかはわからないが、忖度はある意味、日本人の美徳であって忖度により人間関係が上手くまわる事は否めない。
ただし忖度して相手を怪我をさせたり、公文書が改ざんされたり、国民の血税が不正に使われる事になったとしたら、当然ながら非難されてしかるべきである。
いずれにせよ、ストレスの溜まる話だ。

関連記事